話題の筋膜リリース
ストレッチ!

電話:046-240-1251

営業時間 10:00~20:00

FRSスタジオ用語集

 
トップ > FRSスタジオ用語集

以下Wikipediaより引用

スポーツや医療の分野においてのストレッチ

ストレッチの分類
ストレッチの分類方法にはいろいろあるが、以下が一般的とされている[3]。
バリスティックストレッチ
通常の可動域を超えて反動をつけ弾むような動作で筋肉を伸ばす方法[3]。いわゆる柔軟体操はこれにあたる[2]。また、いわゆる日本のラジオ体操の第一はダイナミックストレッチ、第二はバリスティックストレッチを多く含むと分類する学者もいる[4]。バリスティックストレッチでは後述の伸張反射がおきやすいため[5]、フィットネスにおいては使われなくなってきている[6]。ほぼ有用とは見なされず、怪我につながる可能性が指摘されている[3]。
動的ストレッチ
静的ストレッチ(スタティックストレッチ)に対して動的ストレッチ(ダイナミックストレッチ)がある。動的なストレッチの例としては、ゆっくりと制御された脚のスイング、腕のスイング、または胴体のねじれがある[3]。これはやさしく稼働範囲内で行うが、対してバリスティックストレッチは、反動をつけ可動域を超えようとする点が異なる[3]。肉体的なウォームアップを図りながら行う物であるため、運動前の静的ストレッチがパフォーマンスを下げるのに対し、怪我の予防、パフォーマンス向上に有効である。2000年に発表されたDr. Herbert Popeによる論文[7]により議論が進んだ。
アクティブストレッチ
静的アクティブストレッチとも呼ばれ、ヨガの多くの形態に見られるような主動作筋のみで体勢を支えるストレッチで[3]、柔軟性を高め主動作筋を強化する[3]。
パッシブストレッチ
リラックスストレッチ、静的パッシブストレッチとも呼ばれ、体の他の部分、またはパートナーや器具の補助を受けて通常の可動域内で体位を取り、保持するストレッチ[3]。運動後の「クールダウン」に適している[3]。
静的ストレッチ
静的ストレッチの例
筋肉をゆっくりと伸ばし、やわらかくして可動域(動く範囲)を広げる。パッシブストレッチと静的ストレッチ(スタティックストレッチ)の用語を区別されていない場合もある[3]。静的ストレッチは通常の可動域を超えて筋肉を伸ばそうとするストレッチを指す[3]。
一時期は運動前での実施でその後の練習での怪我が予防でき、パフォーマンスを発揮することが出来るといわれていたが[8]、その後運動前の静的ストレッチはパフォーマンスを低下させ、逆に怪我を増やすと解釈されるようになる。可動域を一時的に広げることにより、力の伝達のロスや、不安定な関節が怪我を発生しやすくする。ザグレブ大学の研究チームは、45秒以上同じ箇所を伸ばさないよう警告している[9]。一方で伸張時間が6秒間であれば筋出力は向上し、30秒間では低下するとした研究結果もある[10]。
逆に運動後に行うことで、パフォーマンス向上や怪我防止につながると言われている[11]。時間については団体・学者により推奨値が異なるが、20秒程度を適当とすることが多い[12]。
はじめに筋肉をゆっくり伸ばすのは伸張反射を防ぐためである。筋肉には筋紡錘と呼ばれるセンサーがあり、筋肉が瞬間的に引き伸ばされると筋紡錘から脊髄へ信号が送られる。すると脊髄から筋肉を収縮させる信号が出され、結果として筋肉が反射的に(つまり意思とは関係なく)収縮する。これを「伸張反射」あるいは「伸展反射」と呼ぶ。伸張反射は筋肉が急激に引き伸ばされたときに起こる防御反応であるが、静的ストレッチにおいては逆効果となるため、これを避ける[5]。
アイソメトリックストレッチ
体(四肢等)の動きを伴わないという意味では静的ストレッチに含まれるが、筋肉の長さと関節の角度を変えず、収縮強度のみ変化させる等尺性運動(英語版)の一種である[3]。
PNF
パッシブストレッチ、アイソメトリックストレッチとアクティブストレッチを併用する固有受容神経筋促進(Proprioseptive Neuromascular Facilitation:PNF)がある[13]:42[14]。なおPNFは本来はストレッチの一種ではなくPNFストレッチという呼称は間違いである[3]がそのように呼称されていることが散見される。当初、PNFは脳卒中の被害者をリハビリする方法として開発された[3]。PNFには、拮抗筋、作動筋、またはその両方(CRAC)の収縮が含まれる[14]。PNFはアイソメトリックストレッチとともに子供など骨の成長過程の者には推奨されておらず、筋肉部位ごとに36時間の実施間隔を置く必要がある[3]。
引用元wikiストレッチ

神奈川県のほぼ中央に位置する市

第4次首都圏基本計画(1986年決定)では首都圏の業務核都市に位置づけられ、2002年4月1日付けで特例市にも指定されている。
工業・住宅において、東京・横浜の衛星都市として知られる一方、多くの山間部や農業地帯を有している。大山方面登山への入口となっている他、市内には複数の温泉地が所在している。
比較的古い時期から県央地域の中心都市として発展した地域であるため、それに肖って組織、企業、施設等に厚木、アツギ、あつぎ、ATSUGI等を冠するものも多いが、そのいくつかは厚木市内に登記されておらず所在地もない[1]。
1980年代中期以降、ニューメディア都市構想の一環として市役所、鉄道駅構内、図書館等市内各公共施設にキャプテンシステム街頭端末の設置やそこから転じたインターネットを利用した公共サービスの電子化などの先進的試みをいくつか実施している地方公共団体でもある。
2010年には昼夜人口比率が114.9%となっている。これは、全国で16位の高さ、神奈川県内では1位となっている。
引用元 wiki厚木市
 

筋膜(きんまく)とは

皮膚下にあって脊椎動物の筋肉やその他内臓を結合・安定化し、包みこみ、分離する主にコラーゲン質の結合組織の膜(例えば腎臓と副腎を包むゲロタ筋膜)の総称である。
筋膜は層によって、浅筋膜、深筋膜に、またはその機能と解剖学的位置によって、内臓筋膜(臓側筋膜)頭頂筋膜(壁側筋膜)などに分類される。
筋膜はコラーゲンを主成分としている点で靭帯や腱に類似しているが、所在と機能が異なる。靭帯は骨と骨を結合し、腱は筋肉と骨を結合し、筋膜は筋肉やその他の組織を包む。
筋膜は全身の組織を包み込んでいるだけでなく、組織間の結合も担う結合組織である。筋膜という単語一つでまとめるのは困難であり、解剖学的に詳細な名称付けが必要だが、専門家の間でも分類方法が定まっていないのが現状である。
主に機械的にきわめて強靭なI型コラーゲン繊維からなる密性結合組織で膠原繊維束が種々の方向に交織するように走る。繊維間には少数の繊維(芽)細胞が存在する。
筋肉を包む筋膜にシワができたり固まったりすると、凝り(肩こりなど)の症状を引き起こすことがある。古くから行われている鍼や按摩、指圧、マッサージは、それらの筋膜を正常な状態にしていた可能性がある。筋膜の医学的研究は発展途上ではあるが、近年研究が進み、医学的に原因不明とされている疼痛の治療の研究が進む可能性がある。
引用元 wiki筋膜